上手に注射をするには

ポイントは、コツを掴んで自信を持つことです

血管の選び方も大切

いつまで経っても注射が上手くならず、悩んでいる看護師は多いようです。注射でミスをしてしまい、一度でも患者さんに痛い思いをさせてしまうと、注射をするのが怖くなってしまいますよね。確かに、そのような経験をすると注射がトラウマになり、自信を無くしてしまうものです。しかし、看護師として注射は欠かせない仕事なので、経験を積んで徐々に腕を磨いていくしかありません。自分は注射が上手くないと感じている看護師は、注射をする際にどこが的確な場所なのか判断できない場合が多いようです。そのため、痛みを感じる箇所に注射を打ってしまう人もいます。これを防ぐためには、まず血管の探し方のコツを掴むようにしましょう。血管を探す時は、まっすぐになっている血管を見つけることがコツです。ぷくっとしている血管であれば大丈夫と判断し、すぐにそこへ注射をしてしまう看護師もいますが、蛇行している血管は、どんなにぷくっとしている状態でも痛みが出てしまいます。そのため、ぷくっとしている血管があっても、まずはまっすぐになっている血管を見極めましょう。蛇行している血管は、針の進め方によっては血管壁を破ってしまう恐れがあるので、十分注意が必要です。注射が苦手と感じてしまうと、血管を選ぶ時に判断ミスをしてしまう可能性が高くなります。まずは冷静になってまっすぐになっている血管を見つけ、そこからぷくっとした箇所を探して注射をするのがポイントです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です