上手に注射をするには

ポイントは、コツを掴んで自信を持つことです

リラックスを心掛ける

どんな仕事でも、得意なこともあれば不得意なこともありますよね。人によって、得意分野は異なると思います。それと同様に、看護師の中には注射が苦手という人もいるようです。注射が苦手で悩んでいる看護師は多いかもしれません。注射をする際には、どのようなコツを意識するとよいのでしょうか。まず、注射が苦手と感じている看護師の多くは、注射をする際に緊張してしまうと思います。また失敗するかも・患者さんに負担をかけてしまうかもと考えてしまい、緊張するようです。緊張した状態で注射をすると、それが失敗に繋がってしまうこともあります。どんなに注射が得意な看護師でも、リラックスした状態でなければいつも通りに注射をするのは難しいかもしれません。注射が苦手と感じている看護師は、まずは自分自身をリラックスさせることが大切です。注射をする看護師が緊張しているとその緊張が患者さんに伝わってしまい、患者さんも不安になってしまいます。「必ずできる」と自信を持って注射をしましょう。どんなにベテランの看護師でも、人に注射をするのは緊張するものです。しかし、自分で自分をリラックスさせることで心が落ち着き、上手に注射ができるようになります。まずは、リラックスすることを考えて、経験を積むことです。緊張すればするほど失敗しやすくなるので、注意が必要となります。看護師がリラックスしていれば、患者さんも安心です。注射が苦手な看護師にぴったりなサイトがありました。》》ナースのための注射ガイド《《




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です